自分の仕事に対して真摯に向き合い、
自分自身の仕事がどのように貢献しているかを意識してみる

02

試験部 疲労試験課 組織解析係グループリーダー

千原 唯花YUIKA CHIHARA

2016年 新卒入社

国立広島大学理学部
地球惑星システム学科 卒業

キグチテクニクスで担う役割

キグチテクニクスは女性も活躍できる会社を目指していると感じます。入社当時は女性社員が少なかったのですが、どんどん女性社員が増えています。私は育児と仕事の両立を目指し3つのことを心がけています。1つ目は優先順位を決めて取り組む事、2つ目はいつでも引継ぎできるようにすること、最後はサポートしてくださるグループの皆への感謝です。いずれ育児がひと段落した際には、たくさんの恩返しをしたいと考えています。

仕事をする上で大切にしていること

ほうれんそう(報告・連絡・相談)です。
「小さな困った事」から「大きな困った事」まで、なんでも話して頂けるように、日ごろからコミュニケーションを取ることを大切にしています。また、グループや部署が違っていても会話をして、どのような仕事をしているかを知ることで円滑に仕事が進められたり、自分の部署に応用できる役に立つ情報が得られたりします。

これからの挑戦ややりたいこと

家庭と仕事との両立です。産休育休1年半、復帰後時短勤務1年を経て、最近フルタイムに戻りました。家事育児と仕事の両立は、残業ができない状況であったり、突発的に休む必要があったり、日々周囲にサポートして頂いています。限られた時間で業務を進めなければならないため、効率化を考え改善活動を遂行することで、もっともっと仕事のスピードと密度を上げたいと考えています。

求める人物像や学生へのアドバイスなど

・真面目(不正は絶対に許されない)
・主体的に考える人(成長が早い)
・機器を大切に取り扱ってくれる人(機器は財産)
・整理整頓が得意な人(機器や周辺備品が多いため、大歓迎)
就活中は、「どんな企業なのか」、だけではなく、もし入社したら自分はどんな仕事をするの?という具体的な所まで考えると、入社後も円滑に仕事が始められると思います。

仕事をする上でのモットー

“真摯に”
私は仕事に対して”真摯に”取り組むことをモットーにしています。仕事はつらいことも厳しいこともありますが、その仕事の背景や目的まで視野を広げ、自分自身の仕事がどのように貢献しているかを意識してみると、自分がどれだけ大切な仕事をしているかがわかります。そこには、社会的責任というプレッシャーとともに、大きなやりがいがあります。そのやりがいを元に、私は日々の仕事を抜け目なく取り組むことにしています。

時計
1日の流れ
Workflow
  • 時計 8:25〜

    朝礼・進捗確認

  • 時計 9:00〜

    メール確認

    メール確認

  • 時計 9:30〜

    破面解析

  • 時計 12:00〜

    ランチタイム

1日の流れ
  • 時計 12:45〜

    新入社員教育

    新入社員教育

  • 時計 15:00〜

    打ち合わせ

    打ち合わせ

  • 時計 16:00〜

    レポート作成

02

01

試験部

竹下

TAKESHITA
02

03

営業部

谷村

TANIMURA
02

04

製造部

山浦

YAMAURA