”キグチテクニクスを背負っている”
という意識を持ち、
何事も”主体的”に、健全な問題意識を持って取組む。

04

製造部製造2課1係 係長

山浦 将平SHOHEI YAMAURA

2012年 新卒採用

国立松江工業高等専門学校
機械工学科 卒業

キグチテクニクスで担う役割

“試験片加工”を担当する製造部で係長を務めています。 私の部署では、材料評価の中でも需要が高く、高い加工技術が求められる引張試験片や疲労試験片の製造を主に担当しています。 航空宇宙産業の国際規格Nadcapや国内大手重工・海外大手ジェットエンジンメーカーの認定を軒並み取得しているため、試験片加工の品質管理・工程管理・納期管理に日々尽力しています。 “係長”として業務効率化・コスト削減に繋がる改善活動の推進は勿論ですが、新加工技術の確立やノウハウの蓄積・伝承も大切な役割として担っています。

仕事をする上で大切にしていること

「キグチテクニクスの看板を背負っている」という意識を持って日々仕事に励んでいます。 “係長”の立場でもあるので、まずは自分が主体的になって動くことで組織を活性化させるようにしています。 何事も物事の本質を見ることと、健全な意識を持って「自分には何が出来るか」常に考えて行動するよう心掛けています。 仕事に励む姿勢では「出来ません」ではなく「どうしたら出来るか」をまず考えるようにして、建設的な意見を出すことを大切にしています。 働きやすい、風通しの良い職場づくりも大切にしています。

これからの挑戦ややりたいこと

製造部の活動方針の1つに「試験片加工の自動化」があります。人口減少に伴う人手不足・製造原価の低減等の改善には機械による”自動化”が必須となってきます。熟練者の頭の中にあるノウハウ・経験を全てデータベース化していく事で、初心者でも熟練者と同じように難しい加工を行えるような環境を構築していきたいです。
現在の部署に来て1年が経ちますが、以前は先端材料であるコンポジット(CFRP等)の試験片加工を担う部署で係長を3年務めていました。試験片加工の最終工程を担当する2つの部署を牽引した経験を活かして、将来的にはより広い視野で全体を管轄する仕事をしたいです。

求める人物像や学生へのアドバイスなど

何事も「誰かの指示待ち」ではなく、自ら進んで行動できるような人材を求めています。
また、コツコツと凡事徹底が出来るような人材も求めています。仕事をする上で”ミス”は必ず起こります。しかし、その殆どが確認不足等の単純なヒューマンエラーです。「当たり前の事を当たり前にする」ことが出来るような人材が組織にとって必要です。
アドバイスとしては、会社に入ると会議の場や上司との会話の中で「自分の意見」を求められる事が多くあります。日頃から、自分の意見や考えを積極的に発言出来るように学生の内から訓練しておくと良いです。

時計
1日の流れ
Workflow
  • 時計 8:25〜

    朝礼
    完了品次工程搬入作業

    完了品次工程搬入作業

  • 時計 9:00〜

    外注依頼作業・進捗管理

    外注依頼作業・進捗管理

  • 時計 10:00〜

    加工図面
    加工プログラム検討・作成

1日の流れ
  • 時計 12:45〜

    勉強会

    勉強会

  • 時計 14:00〜

    複合旋盤作業

    複合旋盤作業

02

01

試験部

竹下

TAKESHITA
02

02

試験部

千原

CHIHARA
02

03

営業部

谷村

TANIMURA